ずい道等の掘削等作業主任者とは?

ずい道等での掘削用機械を用いて行う掘削又はこれに伴うずり積み、ずい支保工の組立て、ロツクボルトの取付け若しくはコンクリート等の吹付け等の際に、作業方法の決定や直接指揮する者。

労働安全衛生法に定められた作業主任者(国家資格)のひとつであり、ずい道等の掘削等作業主任者技能講習を修了した者の中から事業者により選任される。

資格取得には?

建設業労働災害防止協会が行なう「ずい道等の掘削等作業主任者技能講習」を受講すること。

ずい道等の掘削等作業主任者 受験資格

・隧道等の掘削作業に3年以上従事した者。
・大学、高等専門学校、高校の土木・建築・農業土木に関する学科を卒業後、2年以上の実務経験者
・職能訓練終了後、実務経験が2年以上の者

試験内容・制限時間・科目

・隧道等の掘削、隧積み、隧道支保工に関する知識
・作業者に対する教育等に関する知識
・工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識
・関係法令
・修了試験

合格基準

実施先で異なる

試験日程

実施講習機関で異なる

受験地

各都道府県

申込期限

実施講習機関で異なる

講習料

実施講習機関で異な

合格発表

実施講習機関で異なる

ずい道等の掘削等作業主任者の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

※受講したい地域の都道府県労働局、労働基準監督署、都道府県労働基準協会

建設業労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-1 産業安全会館7階
TEL:03-3453-8201 FAX:03-3456-2458

建災防おおさか
〒540-0031 大阪市中央区北浜東1-30大阪建設会館2階
TEL 06-6941-2961 FAX 06-6941-4885

建災防広島県支部
〒730-0012 広島市中区上八丁堀8番10号 クロスタワー2階
TEL 082-228-8250 FAX 082-211-3499