コンクリート橋架設等作業主任者の難易度・合格率と試験概要

コンクリート橋架設等作業主任者の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

コンクリート橋架設等作業主任者とは?

橋梁の上部構造がコンクリート造で、高さが5m以上のもの又は当該上部構造のうち橋梁の支間が30m以上である部分に限るものの架設又は変更の作業を行う場合に、作業方法及び労働者配置を決定、作業を直接指揮、労働災害の防止(安全帯等及び保護帽の使用状況)などを行う者です。

労働安全衛生法に定められた作業主任者(国家資格)のひとつであり、コンクリート橋架設等作業主任者技能講習を修了した者の中から事業者により選任される。

資格取得には?

コンクリート橋架設等作業主任者技能講習を受講すること

コンクリート橋架設等作業主任者 受講資格

満18歳以上に達した後、次のいずれかに該当する者。
①橋梁の上部構造であって、金属製の部材により構成されるものの架設、解体又は変更の作業(以下において「鋼橋架設等の作業」をいう。)に関する作業に3年以上従事した経験を有する者。
②学校教育法による大学、高等専門学校(5年制の高専)、高等学校又は中等教育学校において土木又は建築に関する学科を専攻して卒業した者で、その後2年以上鋼橋架設等の作業に従事した経験を有する者。
③次の各号に掲げる者で当該訓練を修了した後2年以上鋼橋架設等の作業に従事した経験を有する者。
・能開法に基づく普通職業訓練のうち、建築施工系とび科の訓練を修了した者。
・旧能開法に基づく養成訓練のうち、とび科の訓練を修了した者。
・能開法に基づく普通職業訓練のうち、別表第4のとび科の訓練(旧能開法又は旧訓練法の能力再開発訓練を含む。)を修了した者。
・職訓法に基づく専修訓練課程の普通職業訓練のうち、とび科の訓練の例により行われる訓練を修了した者又は旧訓練法に基づく養成訓練のうち、とび科の訓練を修了した者。

講習内容・制限時間・科目

[学科講習]
①作業の方法に関する知識(5時間)
②工事用設備、機械、器具等に関する知識(1.5時間)
③作業環境等に関する知識(1.5時間)
④作業者に対する教育等に関する知識(1.5時間)
⑤関係法令(1.5時間)
⑥修了試験

合格基準

実施先で異なる

講習日程

技能講習実施機関で異なります

受講地

実施先で異なる

申込期限

実施先で異なる

受講料

実施先で異なる

合格発表

実施先で異なる

コンクリート橋架設等作業主任者の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

※受講したい地域の建設業労働災害防止協会支部、都道府県労働局、労働基準監督署、都道府県労働基準協会

建設業労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-1 産業安全会館
TEL:03-3453-8201 FAX:03-3456-2458

建災防 北海道支部
〒060-0004 札幌市中央区北4条3丁目 北海道建設会館7階
TEL:011-261-6187 FAX:011-251-2305

建災防 福岡支部
福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館3階
TEL:092-483-5101 FAX:092-483-5103

コメント