コンクリート破砕器作業主任者とは?

コンクリート破砕器を使用する際に、作業方法の決定や直接指揮する者。

資格取得には?

社団法人全国火薬類保安協会が実施する「コンクリート破砕器作業主任者技能講習」を受講すること

※コンクリート破砕器のメーカーが新規製造を中止し、在庫の終了とともに資格の需要が減り、講習自体も平成23年1月以降行われていません。

コンクリート破砕器作業主任者 受講資格

①コンクリート破砕器を用いて行う破砕作業に2年以上従事した者。
②大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校において応用化学、採鉱又は土木に関する学科を卒業した者で、1年以上コンクリート破砕器を用いて行う破砕作業に従事した者。
③発破技士免許を受けた者で、1年以上コンクリート破砕器を用いて行う破砕作業又は発破作業に従事した者。
④甲種、乙種火薬類製造保安責任者免状又は甲種、乙種火薬類取扱保安責任者免状を有する者。
⑤甲種、乙種、丁種上級保安技術職員試験に合格した者。
⑥甲種、丁種坑外保安係員試験、甲種、乙種、丁種坑内保安係員試験又は甲種、乙種発破係員試験に合格した者。

講習内容・制限時間・科目

①コンクリート破砕器を用いて行う破砕の方法に関する知識
②作業者に対する教育等に関する知識
③関係法令
・①②③の修了試験
④火薬類に関する知識
⑤コンクリート破砕器の取扱いに関する知識
・④⑤の修了試験

合格基準

実施先で異なる

講習日程

技能講習実施機関で異なります

受講地

実施先で異なる

申込期限

実施先で異なる

受講料

実施先で異なる

合格発表

実施先で異なる

コンクリート破砕器作業主任者の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

公益社団法人 全国火薬類保安協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-13-5 幸ビル8F
TEL:03-3553–8762 FAX:03-3553-8763