コンクリート造の工作物の解体主任者の難易度・合格率と試験概要

コンクリート造の工作物の解体主任者の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

コンクリート造の工作物の解体主任者とは?

コンクリート造の工作物(その高さが5m以上であるものに限る)の解体又は破壊の作業を行う場合に労働災害の防止を行います。

資格取得には?

労働局に指定された機関でコンクリート造の工作物の解体主任者技能講習を受講し、修了試験に合格する。

コンクリート造の工作物の解体主任者 受験資格

①コンクリート造の工作物の解体等の作業に3年以上従事した経験を有する者
②大学・高専・高校において土木・建築学科を卒業した者で、その後2年以上の作業に従事した経験を有する

試験内容・制限時間・科目

講習①作業の方法に関する知識(コンクリート造の工作物の種類及び構造、解体等の工法の種類及び作業方法、作業計画) ②工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識(工事用設備及び機械の取り扱い、墜落防止のための設置、落下物による危険防止のための措置、服装・保護具) ③作業に対する教育等に関する知識 ④関係法令(労働安全衛生法、労働安全衛生規則、クレーン等安全規則等) ⑤修了試験

試験日程

技能講習実施機関で異なります。

受験地

各都道府県

申込期限

技能講習実施機関で異なります。

受験料

技能講習実施機関で異なります。

お問合せ先

社団法人 日本鳶工業連合会
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-20 日鳶連会館
TEL:03-3434-8805 FAX:03-5472-5747

その他、労働局に指定された機関

コメント