シニアライフアドバイザーの難易度・合格率と試験概要

シニアライフアドバイザーの資格情報、難易度や合格率などを紹介。

シニアライフアドバイザーとは?

中高年齢者の生活に関して総合的に相談を受けることができる相談員として技能を修得した者です。

資格取得には?

審査を受け、養成講座を受講して終了試験に合格すること

就職先は?

行政又は企業等が開催するイベント、講演会等の企画、運営及び講師など

通信によるシニアライフアドバイザー養成講座は「テキストによる自宅学習」「スクーリング」「体験学習」から構成されています。

シニアライフアドバイザー 受講資格

申し込みには制限はありません。

講習内容・制限時間・科目

第一次審査(論文)、第二次審査(質疑応答)を合格することで講座を受講できる。

[養成講座・通信講座]

①総論-生き生きシニアライフに向けて、②ボランティア、③心と身体の健康、④生きがい、⑤生涯学習、⑥人間関係とトラブルの対処の仕方、⑦訪問販売・商品取引・不動産取引の被害にあわない為に、⑧相続と対策、⑨年金制度の正しい理解と対応、⑩退職生活と税金、⑪生活設計と財産の運用、⑫保険、⑬仕事、⑭衣と住、⑮福祉と介護の諸問題、⑯ジェロントロジー

[体験学習]
通信講座受講開始から1年以内に体験学習を受講すること

[研修会]
通信講座受講開始から2年以内に財団が指定する研修会に参加すること

合格基準

実施先で異なる

講習日程

実施先で異なる

受講地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福山、広島、福岡など

申込期限

実施先で異なる

受講料

58,000円(税別)

合格発表

実施先で異なる

シニアライフアドバイザーの合格率・難易度

調査中

お問合せ先

シニアルネサンス財団
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-5-10-6F
TEL:03-3230-1771 FAX:03-3230-1772

コメント