データベーススペシャリストの難易度・合格率と試験概要

データベーススペシャリストの資格情報、難易度や合格率などを紹介。

データベーススペシャリストとは?

データベース管理者等が目指す資格であり、データベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う。データベースに関する資格で、その中でも国内で一番難しいと言われている。

試験制度のスキルレベル4(レベルは1~4がある)に相当する資格。

業務:データ資源及びデータベースを企画・要件定義・開発・運用・保守する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する。①情報システム全体のデータ資源を管理する。②データベースシステムに対する要求を分析し、効率性・信頼性・安全性を考慮した企画・要件定義・開発・運用・保守を行う…

データベーススペシャリスト 受験資格

制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

午前試験
午前試験Ⅰ:多肢選択式(四肢択一)、50分
午前試験Ⅱ:多肢選択式(四肢択一)、40分

テクノロジ系
①基礎理論:基礎理論、アルゴリズムとプログラミング
②コンピュータシステム :コンピ ュータ構成要素、システム構成要素、ソフトウェア、ハードウェア
③技術要素:ヒューマンインタフェース、マルチメディア、データベース、ネットワーク、セキュリティ
④開発技術:システム開発技術、ソフトウェア開発管理技術

マネジメント系
①プロジェクトマネジメント:プロジェクトマネジメント
②サービスマネジメント:サービスマネジメント、システム監査

ストラテジ系
①システム戦略:システム戦略、システム企画
②経営戦略:経営戦略マネジメント、技術戦略マネジメント、ビジネスインダストリ
③企業と法務:企業活動、法務

午後試験
午後試験Ⅰ:分記述式、90分
午後試験Ⅱ:論述式、120分

①データベースシステムの企画・要件定義・開発に関すること(データベースシステムの計画、要件定義、概念データモデルの作成、コード設計、物理データベースの設計・構築等)
②データベースシステムの運用・保守に関すること(データベースの運用・保守、データ資源管理、パフォーマンス管理、キャパシティ管理、再編成、再構成、バックアップ、リカバリ等)
③データベース技術に関するこ(リポジトリ、関係モデル、関係代数、正規化、データベース管理システム、SQL、排他制御、データウェアハウス、その他の新技術動向等)

合格基準

午前試験Ⅰ・午前試験Ⅱ・午後試験Ⅰ:60%以上
午後試験Ⅱ:ランクA

試験日程

秋期:10月 第3日曜日

受験地

全国各地

申込期限

7月中旬~8月中旬

受験料

5,100円(税込)

合格発表

1月中旬頃

データベーススペシャリストの合格率・難易度

平成25年度:16.3%
平成24年度:16.1%
平成23年度:18.2%

お問合せ先

独立法人 情報処理推進機構
〒113-6591 東京都文京区本駒込二丁目28番8号
TEL:03-5978-7501 FAX:03-5978-7510

コメント