ハングル能力検定の難易度・合格率と試験概要

ハングル能力検定の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

ハングル能力検定とは?

検定試験の特色は、日本語を母語とする学習者にとって真に意義のある外国語教育理念に基づいた出題と評価にあります。

日本語母語話者のための韓国・朝鮮語の試験です。そのため、問題に日韓(朝)・韓(朝)日翻訳が含まれていることが、韓国語能力試験やKLPTなど他の朝鮮語関連試験と大きく異なります。さらに、韓国・北朝鮮の両方の正書法を認めている点が大きく。試験では回答する際、どちらかに統一する必要があります。

ハングル能力検定 受験資格

国籍、年齢、学歴などの制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

[1級]幅広い場面で用いられる韓国・朝鮮語を十分に理解し、それらを自由自在に用いて表現できる。

[2級]幅広い場面で使われる韓国・朝鮮語を理解し、それらを用いて表現できる。

[準2級]60分授業を240~300回受講した程度。日常的な場面で使われる韓国・朝鮮語に加え、より幅広い場面で使われる韓国・朝鮮語をある程度理解し、それらを用いて表現できる。

[3級]60分授業を160回受講した程度。日常的な場面で使われる基本的な韓国・朝鮮語を理解し、それらを用いて表現できる。

[4級]60分授業を80回受講した程度。基礎的な韓国・朝鮮語を理解し、それらを用いて表現できる。

[5級]60分授業を40回受講した程度。韓国・朝鮮語を習い始めた初歩の段階で、基礎的な韓国・朝鮮語をある程度理解し、それらを用いて表現できる。

[1級~5級]1次 筆記:60点(90分)聞取・書取:40点(30分)マークシート、記述式
[1級]2次:面接:(15分)

合格基準

1級:70点以上(聞取・書取40点/必須得点16点、筆記60点/必須得点30点)
2級:70点以上(聞取40点/必須得点16点、筆記60点/必須得点30点)
準2級:70点以上(聞取40点/必須得点12点、筆記60点/必須得点30点)
3級:60点以上(聞取40点/必須得点12点、筆記60点/必須得点24点)
4級:60点以上(聞取40点、筆記60点)
5級:60点以上(聞取40点、筆記60点)

試験日程

第51回ハングル能力検定試験

2018年11月11日(日)
1級2次試験:2018年12月2日

※春季:6月 第1日曜日、秋季:第2日曜日
※1級1次合格者の2次面接試験は試験日から3週後の日曜日

受験地

札幌、盛岡、仙台、埼玉、千葉、東京、西東京、神奈川、新潟、富山、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、愛媛、福岡、大分、鹿児島、沖縄

申込期限

2018年8月24日から10月5日

受験料

1級:10,000円、
2級:6,800円、
準2級:5,800円
3級:4,800円、
4級:3,700円、
5級:3,200円

合格発表

1級1次試験:11月22日
2級~5級・1級2次:12月10日

ハングル能力検定試験の合格率・難易度

第50回(2018年春季)

階級受験者数合格率
1級64人4.7%
2級431人12.3%
準2級1,081人27.9%
3級2,215人63.3%
4級2,491人66.6%
5級8,437人62.0%
合計(平均)7,330人62.0%

お問合せ先

NPO法人ハングル能力検定協会
〒136-0071 東京都江東区亀戸 2-36-12 8F
TEL:03-5858-9101 FAX:03-5858-9103

コメント