フォークリフト運転技能者の難易度・合格率と試験概要

フォークリフト運転技能者の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

フォークリフト運転技能者とは?

内燃機関式フォークリフト、電気式フォークリフト、ストラドルキャリア、コンテナキャリア、トップリフター、クランプリフトなどの最大荷重1t以上の運転(道路走行を除く)が行えます。

資格取得には?

都道府県労働局長登録教習機関でフォークリフト運転技能講習を受講し、修了試験に合格する。

フォークリフト運転技能者 受験資格

11時間コース:普通自動車免許証を有し、かつ1t未満のフォークリフト特別教育を受け、その後3カ月以上の業務経験があること

31時間コース:普通自動車以上の運転免許を有する者

試験内容・制限時間・科目

学科講習(1日間)①フォークリフトの荷役に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識 ②関係法令 ③フォークリフトの運転に必要な力学に関する知識 ④修了試験

実技講習(1日間)①走行の操作 ②荷役の操作 ③修了試験

試験日程

各都道府県労働局長登録教習機関で異なる

受験地

各都道府県

申込期限

各都道府県労働局長登録教習機関で異なる

受験料

実施箇所で異なる

合格発表

実施箇所で異なる

フォークリフト運転技能者の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

各都道府県労働局長登録教習機関にお問合せ下さい

公益法人 東京労働基準協会連合会
〒101-0065 東京都江戸川区中央1-8-1 内宮ビル
TEL:03-5678-5556 FAX:03-5678-6433

コメント