ボイラーの取り扱い、点検、安全管理を行うことができる資格です。

資格の種類は?

特級ボイラー技士
伝熱面積の合計が500㎡以上のボイラーを取り扱う作業ができる。

1級ボイラー技士
伝熱面積の合計が25㎡以上500㎡未満のボイラーを取り扱う作業ができる。

2級ボイラー技士
伝熱面積の合計が25㎡未満のボイラーを取り扱う作業ができる。

給与・年収は?

※ボイラー工の統計調査結果です。ご参考下さい。
平均年収:403万円、平均月収:28万円、年間賞与等:60万円。

男性 平均年収 女性 平均年収
平均年収:403万円 平均年収:-万円
平均月収:28万円 平均月収:-万円
年間賞与等:60万円 年間賞与等:-万円
集計データ:平均年齢:50.1歳、平均勤続年数14.3年、対象人数:5440人 集計データ:平均年齢:0歳、平均勤続年数0年、対象人数:0人
厚生労働省の「平成26年賃金構造基本統計調査」より

ボイラー技士 受験資格

特級ボイラー技士試験
①1級ボイラー技士免許を受けた者。
②学校教育法による大学又は高等専門学校においてボイラーに関する講座又は学科目を修め卒業した者で、その後2年以上の実地修習を経た者。
③エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)第9条第1項のエネルギー管理士(熱)免状を有する者で、2年以上の実地修習を経た者。
④海技士(機関1、2級)免許を受けた者。
⑤ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が500㎡以上のボイラーを取り扱った経験がある者。

1級・2級ボイラー技士試験の受験資格は、サイト等でご確認下さい。

試験内容・制限時間・科目

①ボイラーの構造に関する知識
②ボイラーの取扱いに関する知識
③燃料及び燃焼に関する知識
④関係法令

合格基準

科目ごとで40%以上で、合計点が60%以上

試験日程

特級ボイラー技士試験

1級:年5~6回
2級:月1~2回

受験地

北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州センター

申込期限

実施箇所で異なる

受験料

6,800円

合格発表

実施箇所で異なる

ボイラー技士試験の合格率・難易度

特級ボイラー技士試験の合格率

実施回・年度 合格率
平成29年度 34.5%
平成28年度 19.0%
平成27年度 23.9%
平成26年度 39.3%

1級ボイラー技士試験の合格率

年度 合格率
平成29年度 59.4%
平成28年度 60.7%
平成27年度 58.0%
平成26年度 58.1%

2級ボイラー技士試験の合格率

年度 合格率
平成29年度 57.0%
平成28年度 58.5%
平成27年度 60.4%
平成26年度 56.9%

お問合せ先

財団法人 安全衛生技術試験協会
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館9階 
TEL:03-5275-1088

北海道安全衛生技術センター
〒061-1407 北海道恵庭市黄金北3-13
TEL:0123-34-1171

東北安全衛生技術センター
〒989-2427 宮城県岩沼市里の杜1-1-15
TEL:0223-23-3181

関東安全衛生技術センター
〒290-0011 千葉県市原市能満2089
TEL:0436-75-1141

中部安全衛生技術センター
〒447-0032 愛知県東海市加木屋町丑寅海戸51-5
TEL:0562-33-1161

近畿安全衛生技術センター
〒675-0007 兵庫県加古川市神野町西之山字迎野
TEL:079-438-8481

中国四国安全衛生技術センター
〒721-0955 広島県福山市新涯町2-29-36
TEL:084-954-4661

九州安全衛生技術センター
〒839-0809 福岡県久留米市東合川5-9-3
TEL:0942-43-3381