ロシア語能力検定の難易度・合格率と試験概要

ロシア語能力検定の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

ロシア語能力検定とは?

ロシア語の読解力・聴取力・会話力を総合的に認定する検定です。

資格取得には?

ロシア語能力検定委員会(東京ロシア語学院)が行なう「ロシア語能力検定」に合格すること

資格の種類は?

1級から4級に別れており、日常生活での実用レベルは2級以上となっている

「露文和訳」「和文露訳」の科目により、日本語からロシア語へ、ロシア語から日本語へ変換する力をみます。日本人とロシア人との間にたって仕事する場合一番求められるのはこの力です。この科目があるのはロシア語能力検定試験だけです。

ロシア語能力検定 受験資格

制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

[1級]400点満点
文法:すべての文法事項がチェック対象となる
露文和訳:極度に文学的または専門的文体を除き、様々な分野の文章を訳す
和文露訳:一般教養の範囲内のやや高度な内容の事柄を正確なロシア語に訳す
聴取:ノーマルスピードでやや高度な話も理解できる
口頭作文:与えられたテーマでロシア語を話をし録音する

[2級]300点満点
文法:数詞の格変化、関係代名詞・副詞、体の用法など
露文和訳:一般向けの読み物や新聞・雑誌記事などを訳す
和文露訳:さまざまな分野の事柄を平易なロシア語に訳す
聴取:日常会話レベルの話が理解できる
口頭作文:与えられた身近なテーマ(「家族」、「友人」等)で話を展開し録音する

[3級]300点満点
文法:数詞(主格)、比較級・最上級、移動の動詞、関係代名詞の一部など
露文和訳:あるテーマの平易な文章を日本語に訳す
和文露訳:日常生活で使うやや長い表現をロシア語にする
朗読:力点のないロシア語テクストを会場でテープに録音
聴取:ゆっくりとしたテンポの露文テクストの内容を理解できる

[4級]250点満点
文法:文字と発音、格変化、動詞の時制、簡単な複文など
露文和訳:日常的な内容の文章を日本語にする
和文露訳:やさしい日常表現をロシア語にする
朗読:力点のあるロシア語テクストを会場でテープに録音

合格基準

各科目6割以上の点数

試験日程

5月(3級・4級のみ)・10月(1~4級)

受験地

札幌、山形、仙台、新潟、東京、横浜、名古屋、大阪、京都、広島、福岡

申込期限

5月試験は4月~5月、10月試験は8月~9月

受験料

1級:7,000円、2級:7,000円、3級:6,000円、4級:5,000円

合格発表

例年試験日から約2ヵ月後

ロシア語能力検定の合格率・難易度

第64回:1級 13.51%、2級 23.84%、3級 53.88%、4級 67.09%
第63回:3級 52.33%、4級 61.95%
第62回:1級  7.84%、2級 31.68%、3級 47.39%、4級 60.28%

お問合せ先

ロシア語能力検定委員会(東京ロシア語学院)
〒156-0052 東京都世田谷区経堂1-11-2
TEL:03-3425-4011 FAX:03-3425-4048

コメント