世界遺産検定の難易度・合格率と試験概要

世界遺産検定の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

世界遺産検定とは?

旅人類共通の財産・宝物である世界遺産についての知識・理解を深め、学んだ内容を社会へ還元することを目指した検定です。

遺産個々の知識だけでなく、遺産同士の関係や共通点などが問われ、文化の多様性のみならず、歴史や地理、人物、現在の課題といった遺産の背景にある「大きな流れと枠組み」を理解することができます。

資格の種類は?

マイスター:世界遺産を極め自ら行動する方
1級:世界遺産を極めたい方
2級:世界遺産や地歴の知識に自信のある方
3級:はじめて世界遺産を学ぶ方

世界遺産検定 受験資格

マイスター:1級認定、または2008年までのプラチナ認定以上の方
1級:2級認定、または2007年までのシルバー認定以上の方
2級・3級:どなたでも受験できます

試験内容・制限時間・科目

マイスター:世界遺産に通底する価値を理解し、自分自身の意見を述べることができる
1級:世界遺産の理念を理解し、全遺産の過去から現代までを歴史の流れの中で理解できる
2級:世界遺産の理念を理解し、主要300物件の過去から現代までを歴史の流れの中で理解できる
3級:世界遺産の理念を理解し、主要100物件の過去から現代までを歴史の流れの中で理解できる

合格基準

マイスター:非公開
1級:200点満点中140点以上
2級・3級:100点満点中60点以上

試験日程

2012年秋:2012年9月23日
第12回:2012年12月9日

受験地

申込期限

第12回:2012年9月3日から11月7日

受験料

マイスター:18,000円
1級:9,000円
2級:4,900円
3級:8,000円

合格発表

検定日約1か月後

世界遺産検定の合格率・難易度

2012年7月度
マイスター:44.8%、1級:25.5%、2級:41.8%、3級:75.5%

2011年7月度
マイスター:70.0%、1級:20.1%、2級:60.4%、3級:83.4%

お問合せ先

世界遺産検定

コメント