中小企業組合士の難易度・合格率と試験概要

中小企業組合士の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

中小企業組合士とは?

中小企業組合には、ガバナンスの充実が求められており、広く社会の信頼を高め、社会的責任を果たす、 組合運営の経験と専門知識を備えた中小企業組合士の資格があります。

また、試験合格後に3年以上の実務経験を行い、組合士認定申請を行うことで中小企業組合士に認定されます。

中小企業組合士 受験資格

制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

・組合会計 ・組合制度 ・組合運営

試験日程

毎年12月第1週の日曜日

受験地

札幌、青森、仙台、秋田、郡山、さいたま、東京、長野、静岡、名古屋、大阪、松江、岡山、広島、山口、高松、福 岡、長崎、大分、鹿児島、那覇

申込期限

9月1日~10月中旬

受験料

5,000円

合格発表

3月上旬

中小企業組合士の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

全国中小企業団体中央会
〒104-0033 東京都中央区新川1-26-19 全中・全味ビル 4F・5F
TEL:03-3523-4901 FAX:03-3523-4909

コメント