中小企業診断士の難易度・合格率と試験概要

中小企業診断士の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

中小企業診断士とは?

中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。

企業の成長戦略の策定について専門的知識をもってアドバイスし、策定した成長戦略を実行するに当たって具体的な経営計画を立て、その実績やその後の経営環境の変化を踏まえた支援も行います。

中小企業診断士 受験資格

制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

[1次試験]
必要な学識を有しているかどうかを判定することを目的として、企業経営に関する7科目について、筆記試験(多肢選択式)を行います。

①経済学・経済政策 ②財務・会計 ③企業経営理論 ④運営管理 ⑤経営法務 ⑥経営情報システム ⑦中小企業経営・中小企業政策

[2次試験]
必要な応用能力を有するかどうかを判定することを目的とし、診断及び助言に関する実務の事例並びに助言に関する能力について、筆記試験及び口述試験を行います。

試験日程

平成24年度中小企業診断士国家試験

1次試験:平成24年8月4日・5日
2次試験:平成24年10月21日(筆記)・12月7日(口述)

受験地

1次試験:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇
2次試験:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

申込期限

1次試験:平成24年5月16日~平成24年6月4日
2次試験:平成24年8月24日~平成24年9月41日

受験料

13,000円

合格発表

1次試験:平成24年9月4日
2次試験:平成24年12月26日

中小企業診断士の合格率・難易度

平成23年度:合格率19.7%

お問合せ先

社団法人 中小企業診断協会
東京都中央区銀座1-14-11 銀松ビル
TEL:03-3563-0851 FAX:03-3567-5927

コメント