体育施設管理士の難易度・合格率と試験概要

体育施設管理士の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

体育施設管理士とは?

体育施設の維持管理・運営に関する総合的な知識をもって、施設の資質向上をはかるとともに、体育・スポーツの振興に役立てる者。

資格取得には?

体育施設管理士養成講習会を受講し、試験に合格すること。

体育施設管理士 受験資格

下記の条件を満たす者
①体育施設管理士養成講習会を終了した者
②講習会初日現在満20才以上の健康な男女
③体育施設の管理運営に従事している方、又は、これらの業務に従事することを目的としている方

試験内容・制限時間・科目

理論
①スポーツマーケティング ②スポーツ施設の照明と維持管理 ③スポーツ施設の法的責任 ④スポーツ施設の音響と維持管理 ⑤屋外スポーツ施設の維持管理(人工芝を含む) ⑥スポーツ施設の診断(保全と劣化) ⑦スポーツ施設経営論 ⑧スポーツ施設の用器具と維持管理 ⑨スポーツ施設(体育館・武道館等)の維持管理 ⑩各種スポーツフロアの維持管理 ⑪水泳プールの維持管理 ⑫芝生の造成と維持管理

試験日程

11月中旬

受験地

国立競技場大会議室

申込期限

調査中

受験料

受験料:15,000円(会員の場合10,000円)
登録料:20,000円
講習料:20,000円

合格発表

試験終了後、約2ヶ月後に本人に通知

体育施設管理士の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

公益財団法人 日本体育施設協会
東京都新宿区霞ヶ丘町10番2号 国立競技場内
TEL:03-3401-6548 FAX:03-3478-2777

コメント