健康運動実践指導者の難易度・合格率と試験概要

健康運動実践指導者の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

健康運動実践指導者とは?

積極的な健康づくりを目的として作成された運動プログラムに基づいて、運動を安全かつ効果的に実践指導できると認められた資格で、医学的基礎や運動生理学の知識、健康づくりのための運動指導の知識・技能等を持ち備えている。

資格取得には?

養成講習会を受講・養成校の養成講座を修了して、健康運動実践指導者認定試験に合格する事

活躍の場は?

アスレチッククラブ、フィットネスクラブ、保健所、診察所、病院、老人介護・保険福祉施設など

健康運動実践指導者 受講資格

次のいずれか一つに該当している者
①体育系短期大学又は体育専修学校(2年制)若しくはこれと同等以上の学校の卒業者(卒業見込み含む)。
②3年以上運動指導に従事した経験のある者
③運動指導に関連する資格を有する者
④保健医療に関する資格を有する者
⑤学校教育に関する資格を有する者
※詳細は確認すること

※講習会の課程修了者を対象に認定試験を受ける事ができる。

試験内容・制限時間・科目

講義16単位、実習17単位、合計33単位(1単位90分)を3期9日間で修得
※講習内容はサイトにてご確認下さい

※指導実技試験および、講習会のカリキュのラム内容に沿った認定試験。

試験日程

受験地

確認して下さい。

申込期限

確認して下さい。

受験料

筆記試験、受験料:12,381円(税別)

※講習会受講料はご確認下さい。

合格発表

確認して下さい。

健康運動実践指導者の合格率・難易度

平成25年度:65.9%(全国平均)

お問合せ先

健康・体力づくり事業財団 指導者養成部
〒105-0021 東京都港区東新橋2-6-10 大東京ビル7階
TEL:03-6430-9115 FAX:03-6430-9215

コメント