宅地建物取引主任者の難易度・合格率と試験概要

宅地建物取引主任者の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

宅地建物取引主任者(宅建)とは?

不動産会社等に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う国家資格者です。

毎年18万人以上の方が受験する、人気の高い資格です。

就職先は?

不動産会社、金融機関、保険関係ななど。

宅地建物取引主任者試験 受験資格

学歴・年齢・性別その他の制限は設けない。

試験内容・制限時間・科目

宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれています。

①土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること ②土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること ③土地及び建物についての法令上の制限に関すること ④宅地及び建物についての税に関する法令に関すること ⑤宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること ⑥宅地及び建物の価格の評定に関すること ⑦宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

・四肢択一、50問の筆記試験
・登録講習修了者は45問

合格基準

30~36点
試験問題により変動。目標は70%以上。

試験日程

平成24年度 宅地建物取引主任者試験

平成24年度:10月21日
※毎年1回、10月の第3日曜日に次の時間で実施

受験地

都道府県の協力機関

申込期限

平成24年度:7月2日から7月31日

受験料

7,000円

合格発表

平成24年度:12月5日
※原則として、12月の第1水曜日に、都道府県ごとに発表。

宅地建物取引主任者試験の合格率・難易度

平成23年度:合格率16.1%(合格点36)
平成22年度:合格率15.2%(合格点36)
平成21年度:合格率17.9%(合格点33)
平成20年度:合格率16.2%(合格点33)

お問合せ先

財団法人 不動産適正取引推進機構
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目8番21号第33森ビル3 階
TEL:03-3435-8111 FAX:03-3435-7576

コメント