応用情報技術者の難易度・合格率と試験概要

応用情報技術者の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

応用情報技術者とは?

ITエンジニアとして応用的な知識・技能を有する試験「応用情報技術者試験」を合格した者であり、対象像として「高度 IT 人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度 IT 人材としての方向性を確立した者」と明記されている。

試験制度のスキルレベル3(レベルは1~4がある)に相当する資格。

業務:基本戦略立案又は IT ソリューション・製品・サービスを実現する業務に従事し、独力で次のいずれかの役割を果たす。①需要者(企業経営,社会システム)が直面する課題に対して、情報技術を活用した戦略を立案する。②システムの設計・開発を行い、又は汎用製品の最適組合せによって、信頼性・生産性の高いシステムを構築する。また、その安定的な運用サービスを実現する…

応用情報技術者試験 受験資格

制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

午前試験

多肢選択式(四肢択一)、出題数:80門、150分

テクノロジ系

①基礎理論:基礎理論、アルゴリズムとプログラミング
②コンピュータシステム :コンピ ュータ構成要素、システム構成要素、ソフトウェア、ハードウェア
③技術要素:ヒューマンインタフェース、マルチメディア、データベース、ネットワーク、セキュリティ
④開発技術:システム開発技術、ソフトウェア開発管理技術

マネジメント系

①プロジェクトマネジメント:プロジェクトマネジメント
②サービスマネジメント:サービスマネジメント、システム監査

ストラテジ系

①システム戦略:システム戦略、システム企画
②経営戦略:経営戦略マネジメント、技術戦略マネジメント、ビジネスインダストリ
③企業と法務:企業活動、法務

午後試験

分記述式、出題数:13問(解答7問)、150分

①経営戦略に関すること
マーケティング、経営分析、事業戦略・企業戦略、コーポレートファイナンス・事業価値評価、事業継続計画(BCP)、会計・財務、リーダシップ論など…

②情報戦略に関すること
ビジネスモデル、製品戦略、組織運営、アウトソーシング戦略、情報業界の動向、情報技術の動向、国際標準化の動向など…

③戦略立案・コンサルティングの技法に関すること
ロジカルシンキング、プレゼンテーション技法、バランススコアカード・SWOT 分析など…

④システムアーキテクチャに関すること
方式設計・機能分割、提案依頼書(RFP)、要求分析、信頼性・性能、Web 技術(Web サービス・SOA を含む)、仮想化技術、主要業種における業務知識、ソフトウェアパッケージ・オープンソースソフトウェアの適用など…

⑤サービスマネジメントに関すること
サービスマネジメントプロセス、サービスの運用など…

⑥プロジェクトマネジメントに関すること
プロジェクト計画・プロジェクト管理(スコープ、工程、品質、予算、人員、調達、リスク、コミュニケーションほか)など…

⑦ネットワークに関すること
ネットワークアーキテクチャ、プロトコル、インターネット、イントラネット、VPN、通信トラフィック、有線・無線通信など…

⑧データベースに関すること
データモデル、正規化、DBMS、データベース言語(SQL)、データベースシステムの運用・保守など

⑨組込みシステム開発に関すること
リアルタイムOS・MPUアーキテクチャ、省電力・高信頼設計・メモリ管理、センサ・アクチュエータ、組込みシステムの設計、個別アプリケーション(携帯電話、自動車、家電ほか)など

⑩情報システム開発に関すること
外部設計、内部設計、テスト計画・テスト、標準化・部品化、開発環境、オブジェクト指向分析(UML)、ソフトウェアライフサイクルプロセス(SLCP)、個別アプリケーションシステム(ERP、SCM、CRMほか)など

⑪プログラミングに関すること
アルゴリズム,データ構造、プログラム作成技術(プログラム言語、マークアップ言語)、Webプログラミングなど

⑫情報セキュリティに関すること
情報セキュリティポリシ、情報セキュリティマネジメント、リスク分析、データベースセキュリティ、ネットワークセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、物理的セキュリティ、アクセス管理、暗号・認証、PKI、ファイアウォール、マルウェア対策(コンピュータウイルス、ボット、スパイウェアほか)、不正アクセス対策,個人情報保護など

⑬システム監査に関すること
IT統制、情報システムや組込みシステムの企画・開発・運用・保守の監査、情報セキュリティ監査、個人情報保護監査、他の監査(会計監査、業務監査ほか)との連携・調整、システム監査の計画・実施・報告、システム監査関連法規など

合格基準

午前試験・午後試験:各60%以上

試験日程

春期:4月 第3日曜日
秋期:10月 第3日曜日

受験地

全国各地

申込期限

春期:1月中旬~2月下旬
秋期:7月中旬~8月中旬

受験料

5,700円(税込)

合格発表

春期:7月中旬頃
秋期:1月中旬頃

応用情報技術者試験の合格率・難易度

年・期 受験者数 合格率
平成29年 秋期 33,104人 21.8%
平成29年 春期 31,932人 20.2%
平成28年 秋期 35,064人 21.4%
平成28年 春期 28,229人 20.5%
平成27年 秋期 33,253人 23.4%
平成27年 春期 30,137人 19.0%
平成26年 秋期 33,090人 20.2%
平成26年 春期 29,656人 20.1%
平成25年 秋期 34,314人 18.5%
平成25年 春期 33,153人 19.2%

応用情報技術者試験 過去問題

公式にて過去の試験問題をPDF形式で掲載しています。

応用情報技術者試験試験、問題冊子、配点割合、解答例、採点講評

お問合せ先

独立法人 情報処理推進機構
〒113-6591 東京都文京区本駒込二丁目28番8号
TEL:03-5978-7501 FAX:03-5978-7510

コメント