情報セキュリティスペシャリストの難易度・合格率と試験概要

情報セキュリティスペシャリストの資格情報、難易度や合格率などを紹介。

情報セキュリティスペシャリストとは?

ITエンジニアとしてセキュリティの専門家で、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守において、情報セキュリティポリシに準拠してセキュリティ機能の実現を支援し、又は情報システム基盤を整備し、情報セキュリティ技術の専門家として情報セキュリティ管理を支援する者。システムエンジニアの方でも難しいと言われています。

「情報処理技術者試験」の12ある区分の中の一つ。試験制度のスキルレベル4(レベルは1~4がある)に相当する資格。

業務:セキュリティ機能の企画・要件定義・開発・運用・保守を推進又は支援する業務、若しくはセキュアな情報システム基盤を整備する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する。①情報システムの脅威・脆弱性を分析、評価し、これらを適切に回避、防止するセキュリティ機能の企画・要件定義・開発を推進又は支援する…

情報セキュリティスペシャリスト 受験資格

制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

午前試験
午前試験Ⅰ:多肢選択式(四肢択一)、50分
午前試験Ⅱ:多肢選択式(四肢択一)、40分

テクノロジ系
①基礎理論:基礎理論、アルゴリズムとプログラミング
②コンピュータシステム :コンピ ュータ構成要素、システム構成要素、ソフトウェア、ハードウェア
③技術要素:ヒューマンインタフェース、マルチメディア、データベース、ネットワーク、セキュリティ
④開発技術:システム開発技術、ソフトウェア開発管理技術

マネジメント系
①プロジェクトマネジメント:プロジェクトマネジメント
②サービスマネジメント:サービスマネジメント、システム監査

ストラテジ系
①システム戦略:システム戦略、システム企画
②経営戦略:経営戦略マネジメント、技術戦略マネジメント、ビジネスインダストリ
③企業と法務:企業活動、法務

午後試験
午後試験Ⅰ:分記述式、90分
午後試験Ⅱ:論述式、120分

①情報セキュリティシステムの企画・要件定義・開発・運用・保守に関すること
②情報セキュリティの運用に関すること
③情報セキュリティ技術に関すること:アクセス管理技術、暗号技術、認証技術、マルウェア対策技術,攻撃手法、セキュリティ応用システム、通信技術、監査証跡のためのログ管理技術等
④開発の管理に関すること:開発ライフサイクル管理、システム文書構成管理、ソフトウェアの配布と操作、人的管理手法、開発環境の情報セキュリティ管理、脆弱性情報収集管理等
⑤情報セキュリティ関連の法的要求事項などに関すること:情報セキュリティ関連法規、国内・国際標準、ガイドライン、著作権法、個人情報保護、情報倫理等

合格基準

午前試験Ⅰ・午前試験Ⅱ・午後試験Ⅰ:60%以上
午後試験Ⅱ:ランクA

試験日程

春期:4月 第3日曜日
秋期:10月 第3日曜日

受験地

全国各地

申込期限

春期:1月中旬~2月下旬
秋期:7月中旬~8月中旬

受験料

5,100円(税込)

合格発表

春期:7月中旬頃
秋期:1月中旬頃

情報セキュリティスペシャリストの合格率・難易度

平成25年度春期:13.1%、秋期:14.9%
平成24年度春期:13.7%、秋期:13.9%
平成23年度春期:13.9%、秋期:13.5%

お問合せ先

独立法人 情報処理推進機構
〒113-6591 東京都文京区本駒込二丁目28番8号
TEL:03-5978-7501 FAX:03-5978-7510

コメント