戦史検定の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

戦史検定とは?
戦史歴史、近現代史、当時の社会情勢などを学び、戦史に関する知識等を検定を通して認定された資格。

資格取得には?
年1回の戦史検定協会の検定試験を受けて合格すること。

資格の種類は?
初級・中級・上級の3種類で、中級と上級の試験は同じで得点で決定します。さらに、得点で認定クラスにも振り分けられます。

受験資格

どなたでも受検可能、制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

筆記試験:マークシート方式

初級(50問)

中上級(100問)

出題範囲:支那事変(日中戦争)、ノモンハン事件、大東亜戦争を通じた昭和の戦争を主題とし、その伏線を理解する上での帝国陸海軍建軍以降の近現代史と、当時の社会情勢、世相、常識を副題にする範囲内からの出題。

合格基準

初級:35点以上、

中級:60点以上89点以下、
上級:90点以上

試験日程

初級・中上級:11月中旬

受験地

東京、大阪

申込期限

8月1日~10月中旬

受験料

初級:3,800円、
中上級:5,500円、

併願:8,000円

合格発表

12月上旬

過去の合格率・難易度

初級8割程度、中上級6割程度

お問合せ先

戦史検定協会
〒112-0004 東京都文京区後楽2丁目2-20 井上旭門ビル5-B
TEL:受付無し FAX:03-6736-0603