映画検定の難易度・合格率と試験概要

映画検定の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

映画検定とは?

映画の歴史・作品・俳優・スタッフ・業界などに関する知識をはかる検定試験です。

資格取得には?

キネマ旬報社が行なう映画検定試験に合格すること

資格の種類は?

1級(達人コース)、2級(上級コース)、3級(中級コース)、4級(初級コース)の4種類

受験をきっかけにして、娯楽映画から芸術映画まで、もっと多くの方々に見ていただけることを…

映画検定 受験資格

年齢、性別、学歴、国籍に制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

1級(60問 4者択一、記述問題含む)
映画全般を通して、あらゆる映画をあらゆる角度から問う。また、映画史、映画用語、興行関連など映画周辺の知識についてもより深いレベルで対象とする

2級(60問 4者択一方式)
映画史に欠かすことの出来ない古典のみならず、B級作品、カルト作品も対象とし、映画についてのあらゆる角度からの知識を問う。 映画史、映画用語、興行関連なども対象とする

3級(60問 4者択一方式)
映画史に欠かすことの出来ない古典、多くの観客を集めた作品、映画会社、監督、俳優、スタッフや簡単な映画用語について問う

4級(60問 4者択一方式)
若い世代を対象に、2000年以降の作品を中心とした、映画史で欠かすことの出来ない古典や、監督、俳優、簡単な映画用語を含む基礎知識を問う

合格基準

正答率70%以上

試験日程

11月下旬

受験地

東京、大阪

申込期限

7月から10月頃まで

受験料

1級:6,000円
2級:5,000円
3級:4,500円
4級:4,000円
(※税別)

合格発表

12月下旬郵送

映画検定の合格率・難易度

[第9回]1級:4%、2級:13%、3級:30%、4級:78%

お問合せ先

映画検定 キネマ旬報社
〒107-8563 東京都港区赤坂4-9-17 赤坂第一ビル
TEL:03-6439-6587

コメント