沖縄歴史検定の難易度・合格率と試験概要

沖縄歴史検定の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

沖縄歴史検定とは?

沖縄とかかわっていく若い人たちに、琉球・沖縄の歴史と文化に興味・関心をもってもらい、沖縄を取り巻く社会状況・自然環境などの課題を認識させるとともに、現代社会における主体的な自己の生き方と、沖縄のあるべき姿について考える機会とするために設けられた検定試験です。

資格取得には?

沖縄歴史教育研究会主催の「沖縄歴史検定」で各級で指定された正解得点を獲得すること。

資格の種類は?

1級・2級・3級の認定があります。

受験資格

制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

出題:沖縄の歴史・文化・地理をベースに全50問

合格基準

得点に応じて1級・2級・3級の認定を受ける

試験日程

9月上旬(年1回)

第15回検定(2019年)

受験地

沖縄県

申込期限

8月下旬

受験料

検定料:1,600円

合格発表

実施先で異なる

過去の合格率・難易度

調査中

過去問題集

沖縄歴史検定過去問題集 2011-2015年度

SNSの反応

お問合せ先

主催:沖縄歴史教育研究会

株式会社東洋企画印刷
〒901-0306 沖縄県糸満市西崎町4-21-5
TEL:098-995-4444 FAX:098-995-4448

コメント