特定高圧ガス取扱主任者の難易度・合格率と試験概要

特定高圧ガス取扱主任者の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

特定高圧ガス取扱主任者とは?

特定高圧ガスの保安に関する業務を管理する者。

資格の種類は?

高圧ガスの種類で、圧縮水素、圧縮天然ガス、液化酸素、液化アンモニア、LPガス、液化塩素、特殊高圧ガスの7種類に分かれている。

特定高圧ガス消費者は、所定の知識経験を持つ者の中からこれを選任し、事業所の所在地を管轄する都道府県知事へその旨届け出なければならない。

特定高圧ガス取扱主任者 受講資格

制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

・2日間講習
「法令」は3時間
「学識と保安管理技術」は8時間

・検定試験(受講終了者)

合格基準

公開無し

講習日程

年3回開催:4月・9月・11月

受講地

全国10ヶ所程度で開催予定
北海道、宮城、東京、岐阜、愛知、大阪、広島、香川、福岡

申込期限

実施先で異なる

受講料

10,600円(7種類とも同一料金)

合格発表

実施先で異なる

特定高圧ガス取扱主任者の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

高圧ガス保安協会
〒105-8447 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル
TEL:03-3436-6106 FAX:03-3436-5746

コメント