玉掛技能者の難易度・合格率と試験概要

玉掛技能者の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

玉掛技能者とは?

クレーン、デリック、移動式クレーンでワイヤーロープやチェーンその他の玉掛け用具を用いて、荷を安全な状態でつるために行う荷かけおよび荷外しの作業を行います。その場合に玉掛け(つり上げ荷重が1t以上)の有資格者が必要となります。

資格取得には?

都道府県労働局長登録教習機関で玉掛技能講習を受講し、修了試験に合格する。

玉掛技能者 受験資格

どなたでも受験できます。

試験内容・制限時間・科目

学科講習(2日間)①クレーン等に関する知識 ②クレーン等の玉掛けに必要な力学に関する知識 ③クレーン等の玉掛けの方法 ④関係法令 ⑤修了試験

実技講習(1日間)①クレーン等の運転のための合図 ②クレーン等の玉掛け ③修了試験

試験日程

各都道府県労働局長登録教習機関で異なる

受験地

各都道府県

申込期限

各都道府県労働局長登録教習機関で異なる

受験料

実施箇所で異なる

合格発表

実施箇所で異なる

玉掛技能者の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

各都道府県労働局長登録教習機関にお問合せ下さい

公益法人 東京労働基準協会連合会
〒101-0065 東京都江戸川区中央1-8-1 内宮ビル
TEL:03-5678-5556 FAX:03-5678-6433

コメント