総合無線通信士の難易度・合格率と試験概要

総合無線通信士の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

総合無線通信士とは?

海上、航空及び陸上の無線局の無線設備の操作を行うことができる総合的なものであり、この資格には、第1級、第2級と第3級の3種類があります。

資格の種類は?

第1級総合無線通信士
全ての無線局の通信操作(目的・範囲を問わない。)、船舶局及び航空機局の技術操作並びに第二級陸上無線技術士の操作の範囲。

第2級総合無線通信士
主に近海区域を航行する商船や比較的規模の大きな漁船の船舶局、漁業用の海岸局及び航空局の通信操作、船舶局並びに航空機局の技術操作(空中線電力に制限がある。)、及び第一総通の操作の範囲に属するモールス符号による通信操作で第1級総合無線通信士の指揮の下に行うもの。

第3級総合無線通信士
主に漁船の船舶局における通信操作(無線電話による国際通信のための通信操作及び多重無線設備の技術操作 を除く。)、二総通の操作の範囲に属するモールス符号による通信操作(航空局、航空地球局、航空機局、航空機地球局及び航空機のための無線航行局の無線設備の通信操作を除く。)で第1級総合無線通信士又は第2級総合無線通信士の指揮の下に行うもの。

就職先は?
すべての船舶、海岸局、官公庁、電気通信事業関係、無線機器メーカー、各種学校等の教員など。

受験資格

年齢、性別等の制限はありません。どなたでも受験できます。

試験内容・制限時間・科目

第2級は概要、第3級は基礎。

①無線工学の基礎 :電気物理、電気回路、半導体及び電子管、電子回路、電気磁気測定
②無線工学A:無線設備、測定機器、保守・運用
③無線工学B:空中線系及び電波伝搬、測定機器、保守・運用
④法規:電波法及びこれに基づく命令、国際電気通信連合憲章、国際電気通信連合条約、国際電気通信連合憲章に規定する国際無線通信規則等
⑤英語:英文和訳、英会話
⑥地理:主要な航路、航空路及び電気通信路を主とする世界地理

試験日程

平成24年度 総合無線通信士試験

第1級・第2級・第3級 9月期・3月期の年2回

受験地

東京都、札幌市、仙台市、長野市、金沢市、名古屋市、大阪市、広島市、松山市、熊本市、枕崎市、那覇市

申込期限

9月期:平成24年7月1日から20日
3月期:平成25年1月1日から21日

受験料

第1級:18,850円、第2級:16,750円、第3級:13,150円

合格発表

調査中

過去の合格率・難易度

平成23年度
第1級:合格率5.3%、第2級:合格率3.9%、第3級:合格率6.2%

平成22年度
第1級:合格率11.0%、第2級:合格率3.9%、第3級:合格率5.1%

お問合せ先

財団法人 日本無線協会
〒104-0053 東京都中央区晴海3-3-3
TEL 03-3533-6022

北海道支部
〒060-0002 札幌市中央区2条西2-26
TEL:011-271-6060

東北支部
〒980-0014 仙台市青葉区本町3-2-26
TEL:022-265-0575

コメント