自家用操縦士の難易度・合格率と試験概要

自家用操縦士(パイロット)の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

自家用操縦士とは?

航空機に乗り組んで、報酬を受けないで、無償の運行を行う航空機(自家用飛行機)の操縦を行うことができます。

資格の種類は?

自家用操縦士(飛行機)
自家用操縦士(回転翼航空機)
自家用操縦士(飛行船)
自家用操縦士(滑空機)

給与・年収は?

※航空機操縦士の統計調査結果です。ご参考下さい。
平均年収:1199万円、平均月収:95万円、年間賞与等:56万円。

男性 平均年収女性 平均年収
平均年収:1199万円平均年収:-万円
平均月収:95万円平均月収:97万円
平均時給:6994円平均時給:-円
年間賞与等:54万円年間賞与等:47万円
集計データ:平均年齢:42.6歳、平均勤続年数13.5年、対象人数:3010人集計データ:平均年齢:28.5歳、平均勤続年数2.5年、対象人数:20人
厚生労働省の「平成23年賃金構造基本統計調査」より

自家用操縦士 受験資格

飛行機
①年齢17才以上
②総飛行時間40時間以上
・10時間以上の単独飛行
・出発地点から270㎞以上の飛行で、中間において2回以上の生地着陸をするものを含む5時間以上の単独操縦による野外飛行
・夜間における離陸、着陸及び航法の実施を含む20時間以上の同乗教育飛行

回転翼航空機
①年齢17才以上
②総飛行時間40時間以上
・10時間以上の単独飛行
・出発地点から180㎞以上の飛行で、中間において2回以上の生地着陸をするものを含む5時間以上の単独操縦による野外飛行
・夜間における離陸、着陸及び航法の実施を含む20時間以上の同乗教育飛行
・オートロテイションによる着陸

試験内容・制限時間・科目

飛行機・回転翼航空機・飛行船
学科試験:①航空工学 ②航空気象 ③空中航法 ④航空通信 ⑤航空法規(国内・国際)

実地試験:①運航知識(飛行前作業、離着陸、異常時及び緊急時の操作、航空交通管制機関等との連絡、総合能力等) ②外部視認飛行 ③野外飛行

滑空機
学科試験:①航空工学 ②滑空飛行に関する気象 ③空中航法 ④航空通信(動力滑空機のみ受験) ⑤航空法規(国内)

実地試験:①運航知識(飛行前作業、離着陸、異常時及び緊急時の操作、航空交通管制機関等との連絡、総合能力等) ②点検・飛行上等航行 ③離陸・着陸 ④離陸・着陸、緊急時操作・連携、連絡 ⑤総合能力

合格基準

学科試験は、科目別で最初に合格してから1年以内に全科目合格すれば良い。(科目合格制度)

試験日程

学科試験:年6回(5月、7月、9月、11月、1月、3月)

受験地

指定場所

申込期限

実施箇所で異なる

受験料

学科:5,600円、実地:56,500円

合格発表

実施箇所で異なる

自家用操縦士試験の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

国土交通省
〒100-8918
東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL:03-5253-8111

東京航空局
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-1-15
TEL:03-5275-9292(内線7516)

大阪航空局
〒540-8559 大阪府大阪市中央区大手前4-1-76
TEL:06-6949-6211(内線5217)

コメント