証券アナリストの難易度・合格率と試験概要

証券アナリストの資格情報、難易度や合格率などを紹介。

証券アナリストとは?

株式、債券、デリバティブなどの証券分析・評価に必要な専門的知識と技術を有する者。

資格取得には?

第1次レベル講座(通信教育)を受講し、第1次レベル試験に合格。さらに第2次レベル講座(通信教育)を受講し、第2次レベル試験に合格。そして、日本証券アナリスト協会においての条件を満たすと検定会員となれます。

証券アナリスト 受験資格

第1次レベル:信教育講座の受講を終えた方
第2次レベル:第1次レベルの3科目に合格した方で第2次レベル講座を受講を終えた方

試験内容・制限時間・科目

証券分析業務に必要な基礎的な知識および分析力の習得をテストするものであり、通信講座で学習した基礎的な理論、概念、分析ツール等を正確に理解しているか問われます。

第1次レベル:①証券分析とポートフォリオ・マネジメント ②財務分析 ③経済
第2次レベル:①証券分析とポートフォリオ・マネジメント ②コーポレート・ファイナンスと企業分析 ③市場と経済の分析 ④職業倫理・行為基準

試験日程

春、秋の年2回

受験地

国内:東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、金沢、広島、松山、福岡
海外:ニューヨーク、ロンドン、香港

申込期限

実施箇所で異なる

受験料

第1次レベル 春試験:6月上旬、秋試験:11月上旬
第2次レベル 試験後約1か月後

合格発表

実施箇所で異なる

証券アナリストの合格率・難易度

調査中

お問合せ先

公益社団法人 日本証券アナリスト協会
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町2-1 東京証券取引所ビル5F
TEL:03-3666-1411 FAX:03-3666-5843

コメント