運航管理者の難易度・合格率と試験概要

運航管理者の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

運航管理者とは?

航空機が安全な運航を行えるように、気象などの運航情報、飛行ルートや飛行高度の航空情報からフライトプランを作成して、乗組員たちに適切な情報を提供し、必要な指示を行う役割を担います。ディスパッチャーとも言われている。

資格取得には?

規定の経験を経て、運航管理者技能検定試験に合格すること

運航管理者 受験資格

21歳以上、下記の1つを2年以上または2つ以上を1年以上の経験者
・操縦経験
・空中航法業務
・気象業務
・航空機にて無線設備操作
・航空交通管制業務
・運航支援者業務

試験内容・制限時間・科目

[学科]
航空機、航空機運航、航空保安施設、無線通信、航空気象、気象予報、天気図解説、航空航法、航空法規

[実地]
飛行計画の作成、気象状況説明、航空機航行の援助

試験日程

学科試験は3月と7月もしくは8月の年2回開催
実地試験は随時

受験地

運航管理者養成施設
※要確認

申込期限

実施箇所で異なる

受験料

実施箇所で異なる

合格発表

実施箇所で異なる

運航管理者の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

国土交通省 航空局運航安全課 技能審査係
〒100?8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL:03-5253-8111(内線50136)

コメント