CGエンジニア検定の難易度・合格率と試験概要

CGエンジニア検定の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

CGエンジニア検定とは?

CG分野の開発や設計を行うエンジニア、プログラマの検定。

CGエンジニアに必要とされる、ディジタル映像やアニメーション、ゲーム、VR、MR、Web3Dなどのアプリケーションソフト開発やカスタマイズ、システム開発を行うための知識が身につく内容です。

就職先は?

活動分野:映画、アニメーション、VR、MRなど
職種:CGプログラマ、ゲームプログラマ、ソフトウェアエンジニア、CADエンジニア、テクニカルディレクタなど

CGエンジニア検定 受験資格

学歴・年齢等に制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

[ベーシック]10問:70分
CGの技術に関する基本的な理解と、プログラミングなどに知識を利用する能力。
・ディジタルカメラモデルとビジュアル情報処理の原理を対応づけて理解する知識
・画像の濃淡変換に関する各種処理技術についての知識
・コンピュータで形を数値的に記述するモデリングに関する知識
・ディジタルカメラモデルにおける基本的な表示手法と、写実的な表現を行うための表示手法の知識
・多数の静止画を連続表示して動きを見せるアニメーションの知識
・一般的なコンピュータシステム、ビジュアル情報処理、CG専用システム、周辺機器の知識

[エキスパート]10問:90分
CGの技術に関する専門的な理解と、ソフトウェアやハードウェア、システムの開発に知識を応用する能力。
・ディジタルカメラモデルを用いたコンピュータグラフィックスの原理についての知識
・座標と座標変換についての知識
・コンピュータで形を数値的に記述するモデリング技術についての知識
・写実的な表現を行うための表示手法に関する知識
・多数の静止画を連続表示して動きを見せるアニメーションに関する知識
・CGで利用する立場からの2次元ディジタル画像の表現、描画処理、画像変換などの画像処理の基本的知識
・新しいCG表現として注目されるイメージベーストレンダリングやノンフォトリアリスティックレンダリングなどに関する知識
・CGシステムの概要と、CGの製作や表示を行うために利用する周辺機器に関する知識
・知的財産権についての基本的な知識

合格基準

正解率70%前後

試験日程

2012年7月8日・2012年11月25日 年2回(前期・後期)

受験地

46都道府県で実施。

申込期限

前期:4月2日から5月28日、後期:9月3日から10月16日

受験料

ベーシック:4,500円、エキスパート:5,500円

合格発表

実施箇所で異なる

CGエンジニア検定の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

C G – A R T S 協会
〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-16 銀座アスタービル 3F
TEL:03-3535-3501 FAX:03-3562-4840

コメント