自転車安全整備士の難易度・合格率と試験概要

自転車安全整備士の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

自転車安全整備士とは?

自転車の点検整備と安全利用の指導について専門的な知識と技術を持ち、点検整備済TSマーク(保険付)を整備した自転車に貼付し販売できる。

資格取得には?

日本交通管理技術協会が実施してる「自転車安全整備技能検定」に合格する事。合格者には、自転車安全整備士番号が入った「自転車安全整備士之証」が交付されます。尚、「自転車技士」と同じ日程で試験が行われるため、同時受験をする事ができます。(※実技試験共通)

自転車安全整備士 受験資格

①18歳以上
②自転車の点検、整備並びに自転車の安全利用に関する指導に関し2年以上の実務経験を有する者

試験内容・制限時間・科目

[実技試験]
分解:後車輪、チェーン、リヤディレーラ(後部外装変速機)等の取り外す。
組立:分解した自転車を後車輪を組み立てた後、一般用自転車に適合するように完成させる。

[学科試験]
自転車の構造及び機能に関する知識、自転車の点検及び整備に関する知識、自転車の安全利用の指導に関する知識

[面接試験]
自転車の安全利用に関する知識、自転車利用者に応じた指導などの質問

合格基準

実技試験:減点方式で30点以下
学科試験:100点満点中70点以上
面接試験:理解度、指導・助言力、言葉使い・態度・その他について3段階で評価して、上位2段階で合格

試験日程

平成26年度 自転車安全整備技能検定

実技試験:8月21日
学科・面接試験:8月28日

受験地

実技試験:宮城県、愛知県、滋賀県、広島県、(実技のみ東京都、大阪府)
学科・面接試験:東京都、茨城県、香川県、福岡県、(実技のみ東京都、大阪府)

申込期限

平成26年5月27日~6月9日

受験料

全試験手数料:19,440円(税込み)
内訳 実技:11,880円、学科:5,400円、面接:2,160円

合格発表

平成26年10月1日

自転車安全整備士の合格率・難易度

平成21年度:70.4%

お問合せ先

日本交通管理技術協会 業務課
〒162-0843  東京都新宿区市谷田町2-6 エアマンズビル市ヶ谷
TEL:03-3260-3621 FAX:03-3260-3892

コメント