パソコン検定 文書・表計算試験の難易度・合格率と試験概要

パソコン検定 文書・表計算試験の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

パソコン検定 文書・表計算試験とは?

オフィスワーク(パソコン)で基本となるのが、文書作成と表計算です。そのソフトウェア(Word・Excel)を活用した、データベース機能、様々な図表、グラフなどをともなう文書の作成等を試験して、パソコンの総合的な操作能力と活用能力をはかる。

資格取得には?

(財)全日本情報学習振興協会が年6回行なう「パソコン検定 文書・表計算試験」で合格する事。

パソコン検定 文書・表計算試験 受験資格

制限はありません。

試験内容・制限時間・科目

[1級]90分
文書処理:図表・画像の貼りつけを含んだ文書作成
表計算・データベース:3級・2級の内容をベースに表引き・検索抽出した表作成、ピボットテーブル等の高度なデータ処理
グラフ:棒・線・円・積み重ね・散布図等のグラフ作成

[2級]60分
文書処理:図表を含んだ文書作成
表計算・データベース:3級の内容をベースに縦横合計・平均・条件判断の利用等やや高度なデータ処理
グラフ:棒・線・円・積み重ねグラフ

[3級]60分
文書処理:簡単な図表を含んだ文書作成
表計算・データベース:縦横合計と平均などの簡単なデータ集計
グラフ:棒・線グラフ

合格基準

1級~3級:100点満点の70点以上

試験日程

2月・4月・6月・8月・10月・12月の1日から約10日間

受験地

全国の認定会場(パソコン教室等)

申込期限

試験日の1ヶ月前まで

受験料

1級:7,000円、2級:5,000円、3級:4,000円
※すべて税別

合格発表

試験1ヶ月後

パソコン検定 文書・表計算試験の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

(財)全日本情報学習振興協会
〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-7-12 清話会ビル5階
TEL:03-5276-0030 FAX:03-5276-0551

コメント