職業訓練とは
職業に必要な技能や知識を習得させることにより、労働者の能力を開発し、向上させるための訓練を行い、再就職の手助け、技術や産業の変化に対応させる事。

【参考】国及び都道府県の責務:「職業を転換しようとする労働者その他職業能力の開発及び向上について特に援助を必要とする者に対する職業訓練の実施」、「事業主、事業主団体等により行われる職業訓練の状況等にかんがみ必要とされる職業訓練の実施」に努めなければならない。(職業能力開発促進法第4条2項)

職業訓練の概要

離職者訓練

①ハローワークの求人者が対象で、無料で受講できる。(テキスト代等は負担)
②訓練期間は3か月から1年で、3か月ごとに訓練を選ぶことができる。
③主にものづくり分野を中心とした訓練です。

在職者訓練

①在職労働者が対象で、有料となっています。
②訓練期間は2日から5日です。
③専門的知識及び技能・技術を習得させる高度なものづくり訓練です。

学卒者訓練

①高等学校卒業者等が対象で、有料となっています。
②訓練期間は1年から2年です。
③職業に必要な高度で専門的かつ応用的な技能・知識を習得させるための長期課程の訓練です。

申込方法・手順

受講したい講座を選ぶ

パンフレットや最寄りの職業訓練校のホームページにて、募集情報を探して受けたい講座を選択してください。また、「訓練コース情報検索」でも各都道府県別で閲覧できます。

ハローワークで申込みしよう

職業相談・紹介窓口にて申込みを行って下さい。その際、丁寧に提出書類等の説明が受けられます。「全国のハローワーク所在地

筆記試験と面接試験

筆記試験は国語と数学などの学力検査です。
面接試験は志望動機などをスピーチします。その際に、再就職の意欲・出来そうな者を基準にしてます。

全国の資格取得できる公共職業訓練校