MCT(マイクロソフト認定トレーナー)の難易度・合格率と試験概要

MCT(マイクロソフト認定トレーナー)の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

マイクロソフト認定トレーナーとは?

マイクロソフト製品、技術およびソリューションの高い技術を持つ教育の専門家です。

MCT は、お客様に優れた学習体験をいただくため、「マイクロソフト認定トレーニング (OMLP)」および「マイクロソフトダイナミクストレーニング」を提供することをマイクロソフトが認定した資格です。

マイクロソフト認定トレーナーは、毎年更新手続きが必要となります。毎年 4月に更新のための必要書類を提出、年会費支払いとともに毎年更新されるプログラムガイドに掲載される認定条件を満たしていただく必要があります。

MCT(マイクロソフト認定トレーナー)受験資格

・実施するコースの MCT コンピテンシー条件
(各コース実施に必要な資格がセットされています)。
・受講者アンケートによる高い顧客満足度。
・新規認定 MCT については、プログラム年度中のマイクロソフト認定トレーニング実施。

試験内容・制限時間・科目

認定手順

①有効なマイクロソフト認定資格の取得
・Microsoft Certified IT Professional
・Microsoft Certified Professional Developer
・Microsoft Office Specialist (2007 または 2010限る)
・Microsoft Certified Master (日本未提供)
・Microsoft Office 2007 Master
・Microsoft Certified Architect (日本未提供)

②トレーニングのプレゼンテーションスキルの証明
トレーニングを実施する際のプレゼンテーションスキルを証明するため、要件を満たす必要があります。

③オンライン申請

試験日程

随時

受験地

オンライン申請

申込期限

随時

受験料

年会費が必要

合格発表

随時

MCT(マイクロソフト認定トレーナー)の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

マイクロソフト ラーニング

コメント