MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の難易度・合格率と試験概要

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格情報、難易度や合格率などを紹介。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト とは?

(MOS: Microsoft Office Specialist) は、ビジネスでエクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品を活用される方向けの認定資格です。

マイクロソフトオフィス製品は、バージョンごとに新しい機能が追加・改良されるため、マイクロソフト オフィススペシャリスト(MOS)は、バージョンごとに試験が実施されます。

ワードとエクセルには、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)の2レベルが用意されています。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)受験資格

年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます。

試験内容・制限時間・科目

Word(文書作成ソフト)
[スペシャリスト(一般)]
文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している方。

[エキスパート(上級)]
スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解している方。

Excel(表計算ソフト)
[スペシャリスト(一般)]
数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方。

[エキスパート(上級)]
ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方

PowerPoint(プレゼンテーションソフト)
プレゼンテーションの作成、表や図の挿入・編集、作成したプレゼンテーションの実行・配布など、PowerPointの基本的な操作を理解している方。

Access(データベース管理ソフト)
データベースの作成、テーブルの作成・変更、レコードの入力・編集・削除、データベースオブジェクトの依存関係識別など、Accessの基本的な操作を理解している方。

Outlook(電子メール・情報管理ソフト)
電子メールの送信・返信、ファイルの添付、署名の作成・変更、予定や会議およびイベントの作成・変更、アイテムの整理・検索など、Outlookでの基本的な操作を理解している方。

Windows Vista(オペレーションシステム)
セキュリティの管理、ネットワークの接続・管理、ソフトウェアとディスクの管理、ファイルとフォルダの管理など、Windows Vistaでの基本的な操作を理解している方。

試験日程

[全国一斉試験]毎月1~2回(いずれかの日曜日)
[随時試験]各試験会場が設定した日程

受験地

受験票に記載してご連絡(地域のみ指定可能)

申込期限

[全国一斉試験]試験日ごとに設定の申込受付期間(各試験日の約1ヶ月半~1ヶ月前)
[随時試験] 試験会場ごと、定員になり次第締め切り

受験料

スペシャリストレベル:10,290円
エキスパートレベル:12,390円

合格発表

合格者には、合格から4~6週間以内に「合格認定証」が発行(郵送)されます。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の合格率・難易度

調査中

お問合せ先

マイクロソフト ラーニング

コメント